杵藤版・探鳥日記

 ムクドリは大きなねぐらを作ることで知られ、大都市などでは駅前に作られたねぐらによる“ふん害”などが問題になることもあります。でも、佐賀のみなさんにとってはあまりなじみのない鳥かもしれません。

 実は30年ほど前はこのあたりではほとんど見られない珍しい鳥でした。今では少し注意すると、夕方に小さな群れになってねぐらへ飛んでいく姿や、昼間に芝生で虫を捕る姿が見つかるかもしれません。

 鮮やかなオレンジ色のクチバシと足、「キュルキュル、ジャージャー」とにぎやかな声も特徴です。 (日本野鳥の会佐賀県支部事務局長・中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加