大阪で大きな地震が発生しました。地震で亡くなられた方のご冥福と被災地の一日も早い復興をお祈りします。

 今回は地震発生後、すぐにTwitterやFacebookで情報が流れ「電話は通じないが、SNSで連絡取れた」という人が多かったようです。災害時にSNSを利用する動きが確実に広がっている中、今回もデマ情報が流れました。「シマウマが脱走」とか「京阪電車が脱線」「京セラドーム大阪の屋根に亀裂」など複数のデマ情報の拡散が確認されています。熊本地震では、逮捕者まで出たにもかかわらず、非常に残念なことです。

 また、今回の地震で注目されたのが防災アプリの存在です。特に今年3月にリリースされた「東京都防災アプリ」が、安否情報の確認方法や応急手当、簡易トイレの作り方、避難所での過ごし方など、いざというときに活用できると高い評価を集めています。もともと東京都民向けに発行された「東京防災」が基になったアプリですが、東京以外でも使える情報があふれています。

 災害に備えすぎはありません。日頃から心がけておきたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加