小城市の元商工観光課長=退職=による文書偽造や不適切な会計処理を追及している「小城市をよくする市民の会(小城市民の会)」は22日午後6時半から、小城町の「ゆめぷらっと小城」で勉強会を開く。情報開示請求で取り寄せた「清水の滝ライトアップ(清水竹灯り)」事業の会計資料を参加者に閲覧してもらい、問題点を考える。

 弁護士らが資料を基に解説する。市民の会の代表世話人(70)は「公務員が絡む補助事業で、なぜこんなずさんな会計処理が許されるのかを考えてほしい」と参加を呼び掛けている。

 主婦ら4人が中心になって結成した市民の会は5月から勉強会を開き、今回が2回目。参加無料で、1時間半ほどを予定している。

 問い合わせは事務局、電話090(2581)3738。

このエントリーをはてなブックマークに追加