厳木中女子バレーボール部

 あと1カ月で中学総合体育大会地区大会。練習で勝てても、公式戦で成果を出せずにいたが、ここに来て技術が向上している。チーム一丸で「大会での1勝」を目指す。

 3年生2人、2年生5人、1年生3人。全員レギュラーと意識付けし、活性化を図っている。レセプション(サーブレシーブ)を繰り返し練習し、顧問の吉野高広先生(42)は「セッターに上がるようになってきた」と成長を感じている。

 これまでは気持ちの弱さから試合の入りが悪く、開始直後に差をつけられていた。主将の阿野尾弥瑳(みいしゃ)さんは「私が落ち込むと伝染してしまうから、自分から声を出してチームを盛り上げていきたい」。

このエントリーをはてなブックマークに追加