「九州探検隊」の創設を発表する柚木社長(中央)=福岡市のエルガーラホール

 博多大丸(本社・福岡市)は創業65周年記念事業として、九州各県でまだあまり知られていない優れた商品や文化を発掘してPRする「九州探検隊」を創設する。今後3年間で九州・沖縄8県の全118市を訪ね、特産品の販売や宣伝を行うとともにブランド化にも協力する。

 連携第1号は大分県日田市。2015年から博多大丸にアンテナショップを開設している関係から、アンバサダーとして契約を結んだ。佐賀県内の10市には、7月から8月にかけて各市を通じて生産者らにアプローチする予定。

 柚木和代社長は「本来の節目は70周年だが百貨店にとって厳しい時代を生き残るため、この取り組みを通じて地域の発展に貢献できる百貨店を目指す」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加