急変した母体の救命方法を学ぶ講習会が16、17の両日、佐賀市の国立病院機構佐賀病院で開かれた。医師、助産師、看護師ら48人が参加、胸骨圧迫(心臓マッサージ)など、必要な処置を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加