難聴の障害と向き合いながら医師の道に進み、デフリンピック・男子バレーボール日本代表も務めた佐賀市出身の吉田翔さん(34)が15日、九州地区ろう学校PTA連合会の研究協議会で講演した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加