インスタ映えを狙って、角度を考えながら写真を撮る参加者=吉野ヶ里町の三田川児童館

料理のコツを参加者に教える長谷川晋也さん(中央)=吉野ヶ里町の三田川児童館

 子育てに奮闘する母親の気分転換などを目的とした「児童館ママのアラカルト教室」が14日、吉野ヶ里町の三田川児童館(直鳥信明館長)であった。町内の料理店から講師を招き、プロの技術を肌で感じながら料理に没頭した。

 教室は、日ごろ育児に追われている母親に「少しでも自分たちの時間をつくってほしい」という願いを込めて、同児童館が2016年からスタートした取り組み。これまでも、フラワーアレンジメントやアロマ体験などが実施されてきた。

 同町の創作料理店「はせ川」の長谷川晋也代表が講師として「プロから学ぶ簡単クッキング」を伝授。長谷川さんは「手で混ぜ、切ったりすることで食材の熱や水分量を感じられる」「料理は楽しみながら、いかに効率よく作るかが大事」などとアドバイス。この日は“インスタ映え”ホットケーキなど3品を作った。

 夫婦で参加した阿久根つぶらさん(24)は「ホットケーキミックスを使った応用を学べて、料理の幅が広がった」と満足げ。妻の晃瑠さん(27)は「これを機にパパにもおいしい料理を作ってほしい」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加