人命救助で感謝状を受けた田原裕章さん(左)と石橋消防長=鳥栖市の鳥栖・三養基地区消防事務組合

 鳥栖・三養基地区消防事務組合(石橋哲文消防長)は16日、心肺停止状態で倒れていた男性(46)を救命した伊万里農林高の保健体育教諭田原裕章さん(32)に感謝状を贈った。

 同組合によると、4月22日午前7時20分ごろ、みやき町の三養基高敷地内で寝具類の回収作業をしていた男性が突然倒れた。前日から同校で合宿中だった剣道部顧問の田原さんは脈も呼吸もないことを確認し、救急隊が到着するまでの8分間胸部圧迫の心肺蘇生を続けた。その後、AEDを利用するなどしたところ息を吹き返し助かったという。

 田原さんは「男性が元気になられたのが一番うれしい。生徒にも授業で心肺蘇生など緊急時の対応をしっかり指導していきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加