原油価格高騰の影響を受け、全国の小型イカ釣り漁船約3千隻が、2日間の一斉休漁に入った。燃料高による採算悪化の窮状を世論に訴えるためで、県内も玄海漁連の279隻が参加した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加