レスリング学校対抗戦決勝 相手のバックを取り、投げ技でポイントを奪う鳥栖工55キロ級の伊藤翔哉(右)=沖縄県立武道館

レスリング男子学校対抗戦で県勢初優勝を果たした鳥栖工。(左から)51キロ級荒木瑞生、55キロ級伊藤翔哉、60キロ級須田快晴、65キロ級小柴伊織、71キロ級諏訪間新之亮、80キロ級松枝旋吏、125キロ級田中陸公=沖縄県立武道館

 ◇第1日

 【男子】学校対抗1回戦 北部農林(沖縄)6-1鹿島実、鳥栖工7-0浦添工(沖縄)▽同準々決勝 鳥栖工5-2鹿屋中央(鹿児島)▽同準決勝 鳥栖工6-1小倉商(福岡)

 ▽決勝

鳥栖工 6-1 玉名工(熊本)

 ▽個人51キロ級1回戦 亀川(沖縄・南部農林)=Tフォール=鐘ヶ江直也(鳥栖工)、荒木瑞生(同)=Tフォール=松山(小倉商)▽同55キロ級1回戦 内野(長崎・島原)=判定=谷口将樹(鹿島実)、伊藤翔哉(鳥栖工)=Tフォール=落水(島原)▽同60キロ級1回戦 長谷川(鹿屋中央)=判定=井上勇太朗(鳥栖工)、須田快晴(同)=Tフォール=小田桐(鹿屋中央)▽同65キロ級1回戦 小柴伊織(鳥栖工)=途中棄権=吉永(玉名工)、中村(福岡・三井)=Tフォール=高柳京之助(鳥栖工)▽同71キロ級1回戦 瀬戸口(鹿屋中央)=Tフォール=吉田海耶(鳥栖工)、諏訪間新之亮(同)=Tフォール=前川(浦添工)▽同80キロ級1回戦 松枝旋吏(鳥栖工)=判定=金城(沖縄特支)、今冨(福岡・築上西)=途中棄権=北村勇気(鹿島実)▽同92キロ級1回戦 芹川力亜(鹿島実)=フォール=並木(福岡・戸畑工)▽同125キロ級1回戦 田中陸公(鳥栖工)=判定=渡邉(大分・日本文理大付)

 【女子】個人53キロ級1回戦 櫻井菜々(鳥栖工)=フォール=栗野(宮崎日大)

■1、2年生全勝チームに勢い

 圧倒的な力を見せつけて一気に頂点まで駆け上がった。7階級7人で争ったレスリング男子学校対抗戦は鳥栖工が県勢初の頂点。小柴健二監督は「全員が力を出し切っての価値ある優勝。これでインターハイに弾みがつく」とうなずいた。

 チームは1回戦で浦添工(沖縄)を7-0で退けて好発進した。3月の全国選抜74キロ級覇者の諏訪間新之亮が隙のない試合運びでその存在感を見せつけると、51~65キロまでの4階級を任された期待の1、2年生たちも躍動。2回戦から玉名工(熊本)との決勝まで全勝で重量級の上級生につないだ。

 「下級生が本当によくやってくれた。団体戦の優勝はやっぱりひと味違う」と諏訪間。「全員がもっと力をつけて、インターハイで鳥栖工の名をとどろかせたい」と真夏の躍進を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加