佐賀県教職員組合(井手美保子執行委員長)は16日、定期大会を佐賀市の県教育会館で開いた。教員の長時間労働が社会問題化する中、現場の実態に基づいた人員の配置、部活動指導のさらなる負担軽減などを求める本年度の運動方針を決めた。