難聴児の家族や保育士を対象にした聴覚特別支援学校の体験学習会が12日、佐賀市の県立ろう学校であった。保育士や難聴の園児と児童、その家族ら16人が授業を見学し、対応や配慮の仕方などについて学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加