伊万里市の大川内山で始まった「風鈴まつり」。軒先の風鈴が涼しげな音を響かせる

 伊万里市の大川内山で16日、「風鈴まつり」が始まった。窯元の軒先などに千個以上の風鈴が下がり、深緑に囲まれた焼き物の里に涼しげな音色を響かせている。8月31日まで。

 風鈴は31の窯元が手掛け、販売もしている。伝統的な文様から若者好みのデザインまで多様にそろっている。入り口の駐車場には、写真映えするように200個の風鈴を飾ったコーナーも用意し、初日から多くの人がカメラやスマホで撮影していた。

 期間中は伊万里・有田焼伝統産業会館で風鈴の絵付け体験ができる。幻想的な世界を楽しめる「ボシ灯ろうまつり」は7月22日に開かれる。実行委員会の原貴信さんは「風鈴を通して伊万里焼の魅力にふれてほしい」と呼び掛ける。問い合わせは実行委員会、電話0955(23)7293。

このエントリーをはてなブックマークに追加