第1ターンマークで旋回する選手たちを近くで見守る参加者たち=唐津市原のボートレースからつ

 唐津市原のボートレースからつで16日、女性限定の初心者教室が開かれた。30、40代中心に30人が参加し、3年連続の最高勝率選手で実力と人気を兼ね備えた峰竜太選手(33)らのトークショーなどを通じ、ボートレースの世界を体験した。

 新たなファン層の開拓を目指した取り組みで、女性限定の初心者教室は唐津で初めて。「BOAT RACE振興会」の職員がルール説明や購入方法などを伝え、実際に舟券を購入してレースを観戦した。

 選手とのふれあいがメインで、昨年、最高峰のスペシャルグレード(SG)競争で初優勝した峰選手は「今年もSGを取るのが目標」と語った。蒲原健太選手(24)ら3選手は参加者とレースを見たり、和やかに話したりした。

 佐賀市の徳島幸さん(31)は「イケメンのボートレーサーがいると父親から聞いて参加した。選手同士の仲がよさそうで、身近に感じた」と語った。

※「Fit ECRU」の7月20日号で特集する。

このエントリーをはてなブックマークに追加