佐賀市の高木瀬小(原口弘之校長)で12日、児童のコミュニケーション能力や表現力を磨く「落語クラブ」の本年度の活動が始まった。4~6年の16人が、外部講師の落語に聞き入り、話法やしぐさを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加