九州電力玄海原発の中央制御室で、4号機原子炉の起動作業をする運転員=16日午前11時9分、佐賀県東松浦郡玄海町

 九州電力は16日午前11時、玄海原発4号機(佐賀県東松浦郡玄海町)を再稼働した。2011年12月に定期検査で停止して以来、約6年半ぶり。東京電力福島第1原発事故を踏まえた新規制基準下での再稼働は、九電川内1、2号機(鹿児島県)、玄海3号機などに続き5原発9基目になる。

 午前11時に制御棒を引き抜いて原子炉を起動した。核分裂が安定的に持続する「臨界」に達するのは17日午前0時ごろになる見通し。20日に発電と送電を再開し、7月中旬に営業運転に復帰する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加