佐賀県多久市北多久町の温泉保養宿泊施設「タクア」から近くを流れる山犬原川などに重油が流出した問題で、市は15日、流域の水田4・5ヘクタールで油膜が確認されたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加