佐賀県内の高校生を対象に返済不要の奨学金を創設した公益財団法人「江上財団」(江上幸隆理事長、鳥栖市)は15日、41人に支給することを決めた。定員39人に対し約2倍の80人の応募があった。決定通知書を各応募高校に送付する。

 奨学金は本年度から月額2万円(年間24万円)を支給するもので、県内の県立・私立高45校を通じて5月末まで募集していた。各学年13人計39人を予定していたが、予想を大きく上回る応募を受け、2人増やして41人に支給する。最長3年まで更新できる。

 事務局は多数の応募を喜ぶ一方で「選考に漏れた生徒さんには申し訳ない気持ちでいっぱい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加