佐賀市トレーニングファーム推進協議会は、同市富士町特産のホウレンソウ農家として新規就農を希望する第2期研修生2組4人を募集している。来年1月から2年間、地元農家やJAの担当者らが栽培技術や農業経営を指導する。

 新規就農者の確保、育成のため、県やJAさが、関係市町などが一体となって行う取り組み。ホウレンソウの品種特性や作型、肥料や農薬の基礎知識のほか、ハウス管理、出荷調整、経営管理など就農までの一連の流れを学ぶ。すでに1期生の研修が1月からスタートしている。

 町内に定住し、就農する意思がある原則50歳未満の夫婦または親族2人以上が対象。応募者を対象に、ホウレンソウの収穫などを体験する2泊3日の短期研修を随時実施する。

 締め切りは8月31日。問い合わせは市農業振興課、電話0952(40)7118、またはJAさが、電話0952(25)5353。ともに平日午前9時~午後5時。

このエントリーをはてなブックマークに追加