イオン佐賀大和店・森雅信店長

 佐賀市のイオン佐賀大和店店長に3月に就任した森雅信氏(57)。「地域に密着する店として、地元との連携を推し進めていきたい」と語る。

 2000年に開業した同店は近隣住民など固定客に加え、カード会員も多いという。前任地の香椎浜店(福岡市)と比べ「カード対象のセールを実施すると、カード利用率の上昇幅が大きい」と反応の良さを実感している。

 近隣大型店との競争が厳しさを増す中、「食料品など毎日のお買い物に訪れる店を目指したい」と話す。店の近隣には高齢者世帯が多く、個食を意識した総菜売り場を展開。毎週火曜日のセール日に行う野菜のばら売りは好評で、数字が出てきた。

 地域のイベントが多く開かれているのが同店の特徴の一つ。「やはり店内がにぎわう。地域との関わりを、これまで以上に積極的に持ちたい」。大阪府出身。

このエントリーをはてなブックマークに追加