佐賀県佐賀市は「空き家等の適正管理に関する条例」の一部を改正する議案を9月の定例市議会に提出する。新たに長屋への対策を盛り込む。6月18日から7月17日までパブリックコメント(意見公募)を実施する。

 従来の特別措置法や条例では、長屋の一部の空き家を個別に規制することができず、建築基準法に基づき、長屋全体への指導や勧告といった措置を余儀なくされていた。市建築指導課は「空き家の定義に長屋を追加することで、空き家になっている部分だけを規制できる」と説明している。

 所有者情報の公表内容や公表手順も変更する。意見は市役所や各支所、公民館の窓口に加え、市のウェブサイトで公募する。問い合わせは建築指導課、電話0952(40)7174。

このエントリーをはてなブックマークに追加