佐賀銀行(佐賀市)や十八銀行(長崎県)、筑邦銀行(福岡県)でつくる「北部九州ビジネスマッチング協議会」は7月11日、「食の商談会」を長崎市のメルカつきまちで開く。東京、北部九州のホテルや飲食店、百貨店など14社のバイヤーに食品を売り込む事業者を募っている。

 県内からはホテルニューオータニ佐賀(佐賀市)、佐賀玉屋(同)、銀座で飲食店を展開する「ナチュラルフーズ」(武雄市)のバイヤーが参加する。当日、希望するバイヤーと個別商談ができる。畜産、水産、農産などの一次産品、加工品を扱う事業者50社程度を募集している。

 専用のエントリーシートや企業案内、商品パンフレットを各行の営業店に提出する。事前審査と書類選考があり、申込期限は今月15日。参加費は5千円。問い合わせは佐賀銀行渉外グループ、電話0952(25)4565。

このエントリーをはてなブックマークに追加