「陶芸家のごぼうびメシ」のプロモーションムービーで笑顔を見せる矢鋪與左衞門さん(右)と白須美紀子さん

「陶芸家のごぼうびメシ」のプロモーションムービーでハギナごはんを手にする岩永和久さん

 有田焼の職人と、ものづくりの源となる好物を紹介したプロモーションムービー「陶芸家のごぼうびメシ」を、有田観光協会(佐賀県)が制作し、HPで公開している。若手とベテラン2人の制作風景や、身近な食材を使った手作り料理の映像で、有田の焼き物と暮らしを身近に感じる仕上がりとなっている。

 「現代の名工」の矢鋪與左衞門さん(72)=矢鋪與左衞門窯=と、町内でも数少ない石こう型職人の岩永和久さん(36)=親和伯父山=が出演。制作への思いを交え、「手づくりって、ごほうびだ」のキャッチフレーズで、手仕事の焼き物と手料理の良さを紹介した。動画はそれぞれ1分7~8秒。

 矢鋪さんは、内弟子の白須美紀子さん(39)が好みに合わせ作ってくれる食事がお気に入り。唐辛子を効かせた高菜の油炒め、近くとれる山菜の素朴で温かみのある料理を並べた。

 岩永さんはハギナごはんを紹介。近所の土手で摘んだものを味付けしておにぎりにし、家族の笑顔あふれる食卓が印象的な映像となっている。

 同協会の山口睦専務理事は「一つ一つ丁寧に作られた物には力がある。映像を見て来てみたいと思ってもらえれば」と、有田ファンの増加に期待を寄せている。

このエントリーをはてなブックマークに追加