バリアフリー映画の普及に向けて活動する「みないろ会(みんなでいろんな映画を見たいからバリアフリー映画をつくる会)」が16日午後4時から、佐賀市松原のシアター・シエマで活動を紹介する。

 みないろ会はシアター・シエマで開催した字幕・音声ガイド付きの映画上映会をきっかけに今年4月に結成。音声ガイドや字幕をつける機材などを購入するため、募金を呼び掛けている。購入されれば、映画に音声ガイドや字幕をつける作業を担う。

 バリアフリー映画はせりふだけでなく、流れる音楽やドアの音、しぐさなどにも解説がつく。登場人物の表情やしぐさに解釈も加えていくため、シアター・シエマ支配人でメンバーの重松恵梨子さんは「制作する側から見られるので、映画好きは楽しいと思う」と話す。参加無料で、予約も不要。問い合わせはシアター・シエマ、電話0952(27)5116。

このエントリーをはてなブックマークに追加