佐賀大学などの研究グループは2019年4月から、マレーシアに設置する海洋温度差発電(OTEC)の新たな研究を始める。海水の淡水化と、海洋温度差発電を同時に行う世界初のシステム開発を手掛ける。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加