労働団体の連合佐賀は15、16日、「女性のための労働相談ホットライン」を開設する。前財務事務次官のセクハラの社会問題化で企業側にも対策が求められる中、労働環境や雇用条件などの悩みに電話で応じる。両日とも午前10時から午後7時まで。電話は0120(154)052へ。

 連合が毎年実施している全国一斉の取り組みで、相談は無料。職場でのセクハラやパワハラをはじめ、理由もなく雇用契約を更新しない「雇い止め」、パートタイム労働者の雇用問題などの相談も受け付ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加