全九州高校体育大会は10日、鹿児島市の鹿児島アリーナで新体操があった。佐賀県勢は石橋侑也(神埼清明)が男子個人総合で優勝した。石橋はクラブで1位と0・025点差の2位につけ、スティックは構成点、実施点ともに最高得点をたたき出し、総合でトップに立った。

 ◇最終日
 【男子】個人総合 (1)石橋侑也(神埼清明)33・400点(4)乾蒼真(同)30・950点▽種目別クラブ (2)石橋16・575点(4)乾15・550点▽同スティック (1)石橋16・825点(3)乾15・400点
 【女子】個人総合 (5)松本華(佐賀女子)21・950点(12)吉積ニナ(同)17・150点▽種目別フープ (6)松本11・050点(12)吉積8・000点▽同ボール (6)松本10・900点(12)吉積9・150点

このエントリーをはてなブックマークに追加