小松政氏

 武雄市の小松政(ただし)市長(42)=1期、武雄町=は11日の市議会一般質問で、任期満了に伴い12月に行われる市長選に再選を目指して立候補する意向を明らかにした。市長選へ出馬表明は小松氏が初めて。

 1期目の実績や市長選への対応を問う質問に対し、こども図書館開館や福祉、雇用拡大の取り組み、秋田竿(かんとう)燈まつり開催を挙げ「1期目の土台を生かし、市民や議会と手を携えて“オール武雄”で福祉の町づくり、町の元気づくりに取り組んでいきたい」と答えた。

 小松氏は京都府出身、東大法学部卒。総務省官僚を経て2010年に武雄市職員になり秘書課長などを務めた。前市長が県知事選出馬のため辞職したことに伴う15年の市長選で初当選した。

 市長選は12月9日告示、16日投開票の日程で行われる。6月1日現在の選挙人名簿登録者数は4万848人(男1万9145人、女2万1703人)。

このエントリーをはてなブックマークに追加