伊万里市に1000万円を寄付し、深浦弘信市長(右)に目録を渡す松尾勝馬さん=市役所

 伊万里市黒川町の肉牛農家で伊万里牛のレストランを経営する松尾勝馬さん(70)が7日、市に1000万円を寄付した。「地域への恩返し。まだ現役で頑張るぞと自分を励ます意味も込め、今後10年間、毎年同じ額の寄付を続けたい」と語った。

 松尾さんは、家畜商だった父の背中を見て育ち、伊万里高校を卒業後の1967年に牧場を創業した。数頭からスタートし、今では約2000頭を育てている。県内外で伊万里牛を提供するステーキレストランや焼き肉店も経営してきた。

 「畜産に携わり52年、地域に育ててもらってここまできた。これからの10年は地域のために頑張りたい」と松尾さん。寄付は農業の振興や地産地消の取り組み、食育などに役立ててほしいという。

 市役所で目録を受け取った深浦弘信市長は感謝状を手渡し、「松尾さんの志を生かす使い方を職員と考えていきたい。これからもお元気で。来年もお待ちしております」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加