全国高校総体ソフトボール男子の九州地区第7代表決定戦が9日、武雄市の白岩運動公園であり、牛津が日田林工(大分県)を4-0で破り、6年連続の全国大会出場を決めた。

 牛津は三回に1点を先制。四回に2点を加え、試合を優位に進めた。投げては1年時からエースを務める右腕福地廉が日田林工打線を押さえ込み、完封勝ちした。

 代表決定戦は県大会の出場が5チーム以下の場合に近隣の当該地区同士で実施。県内は牛津1校で大分の代表と争った。

 

牛 津  0012001-4

日田林工 0000000-0

(牛)福地-吉村

(日)〓-〓(サンズイにウカンムリにマユ毛のマユの目が貝)田

このエントリーをはてなブックマークに追加