大正期に建設された洋風公衆浴場で、嬉野温泉のシンボルとして親しまれた「古湯」が解体された。老朽化で1996(平成8)年から閉鎖されていた上、この年の3月にあった福岡県西方沖地震で一部が倒壊していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加