日本青年会議所の佐賀ブロック大会が23日、佐賀県武雄市文化会館で開かれる。「さが×未来×Labo」をテーマに、ブランディング研究や憲法を学ぶ講座、ライブアートや武雄の飲食の販売など多彩な企画がある。会員以外も参加できる。

 プロ野球ロッテの投手として活躍した荻野忠寛氏が「未来へムーブメント」をテーマに話す午前9時半からの講演会で開幕。同10時半からは「佐賀ブランドLabo」としてパクチー栽培で知られる江口竜左氏、有田焼窯元の徳永隆信氏、電通の倉成英俊氏がブランディング戦略について話す。

 正午から木工接着剤で絵を描く富永ボンド氏がライブアートを行い、午後1時半からは九州大教授の南野森氏が「憲法Labo・ビギナーズ」を開く。

 武雄の飲食コーナーではイノシシ料理や若楠ポークバーガー、薬膳ジンジャーエール、ポークカレーなどを販売。県内7高校の生徒が企画、開発した商品の販売ブースもある。入場は無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加