九州新幹線長崎ルートの整備方式を議論している与党検討委員会は8日、JR九州と長崎県の間で佐賀県の費用負担の軽減案について協議することを決めた。全線フル規格とミニ新幹線で整備した場合の負担割合をそれぞれ取りまとめ次第、佐賀県に提案して意見を聴取する。

 当初、計画していた在来線と新幹線の両方を走行できるフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入が困難となり、代替策として全線フル規格かミニ新幹線での整備を検討している。いずれの案も追加負担が生じるとして難色を示している佐賀県に対し、関係者が有効な解決策を示せるかどうかが焦点になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加