武雄市若木町の凌山窯で8日から3日間、窯開き展がある。松尾重利さん(83)潤さん(57)親子が、約300点を展示する。 重利さんは「けがの巧妙」と語る黄磁の作品が仕上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加