佐賀県内の5月の新車販売台数は前年同月比1・8%減の2567台で、2カ月ぶりに前年実績を下回った。決算月だった3月や受注残のあった4月で需要を先食いして、登録車、軽自動車ともにマイナスで推移した。

 登録車の販売台数は1・5%減の1220台で、2カ月ぶりにマイナスだった。県内で大きなシェアを持つトヨタが15・8%の二桁減、ほかに日産自動車が6・3%減と不調だった。

 軽自動車は2・1%減の1347台で2カ月ぶりにマイナスとなった。新型車投入の効果が薄れる中、堅調だった前年同月の反動で前年割れした。

このエントリーをはてなブックマークに追加