社会福祉士の男性が被後見人ら5人の預貯金口座から2755万円を着服していた問題で、男性が所属する公益社団法人「佐賀県社会福祉士会」は、再発防止策を協議する第三者委員会を設置する方針を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加