12月の佐賀県知事選に2期目を目指して立候補する意向を固めている山口祥義知事(52)が、13日の定例県議会一般質問で正式に出馬を表明する。

 一般質問は13~15日にあり、最大会派の自民党議員が13日の最初に登壇する。関係者によると、国政課題を含めた県政全般について山口知事の向き合い方や政治姿勢をただした上で、出馬意向を確認する見通し。

 山口知事は7日に開会した県議会の冒頭、知事選には触れなかったが「未来に向けて種をまき続けていく。『佐賀の時代』を創り出していくべく全力を尽くす」と意欲をにじませた。

 知事選は11月29日告示、12月16日投開票の日程で実施される。山口知事以外では共産党が、知事の国策課題への対応次第で候補者を擁立する構えを見せている。

このエントリーをはてなブックマークに追加