「305系マン」(右)と「唐ワンくん」=5月16日、JR唐津駅

 「305(さんまるご)系マン」はJR九州の新型車両305系のPRと新方式のスマートドア(半自動ドア)の認知度を高めるため登場しました。305系電車はクルーズトレイン「ななつ星」と同じ工業デザイナー水戸岡鋭治さんによるデザインで、コンセプトは「人にやさしく、環境にやさしいスマートトレイン」です。筑肥線の海岸線を走り、福岡空港まで乗り換えなしで運行中です。

 白と黒を基調にした電車のイメージに合わせた「305系マン」は元気いっぱい、子どもたちの人気者です。スイーツ列車「或る列車」が唐津駅に入ってきた5月16日にも唐津駅に登場し、地元「唐ワンくん」と一緒にお客さまを楽しませてくれました。

 (地域リポーター・小島起代世=唐津市)

このエントリーをはてなブックマークに追加