150キロ超えと2ケタ勝利を目標にプロの第一歩を踏み出す楽天の古川侑利投手=有田町の有田工

 プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に梨田監督(左)と握手する楽天・古川=東京ドーム

 4回、2死満塁のピンチに巨人・山口俊(右)を三ゴロに打ち取り、ガッツポーズの楽天・古川(左)=東京ドーム

 5日、プロ5年目に初勝利を挙げたプロ野球・楽天イーグルスの古川侑利投手(有田工出身)に、一夜明けて話を聞いた。

―5年目でプロ初勝利を挙げた。

 「本当に長かった。心の底からうれしい」

―5回裏、1点差に追いつかれてマギー選手を空振り三振に抑えた。

 「1点取られた後で、これ以上取られてたまるかという気持ちで三振を狙っていった」

―5回を投げ終えて降板。その後はベンチから戦況を見つめた。

 「とにかく嶋さんのミットを目がけて全力で投げるだけだった。(降板後、見守っているときは)自分が投げているときよりもどきどきしながら見ていた」

―ウイニングボールは誰から受け取ったのか。

 「銀次さんから『おめでとう』と声を掛けられて受け取った。梨田監督からも声を掛けてもらった。まずは奥さんに見せてから、武雄市の実家に送りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加