文部科学省がルール化した大学入試問題の解答例公表について、佐賀大学は本年度の入試から実施する方向で検討を進めている。入試課は「一般の人が確認できる形で公表したい」としており、19日の入試委員会で正式決定する。

 問題の点検について佐賀大学は昨年度、試験前の点検回数を前年度までの2回から3回に増やしており、入試課は「ルールに沿った形で対応したい」としている。昨年度に続き、外部機関に問題と解答例の確認も依頼する方針。

 西九州大学は、希望する受験生に過去数年分の問題と解答例を示している。問題点検は試験前の1回だけで、入試広報課は「今後対応を検討する」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加