新曲の「何があってもあきらめない」

 佐賀県唐津市出身の演歌歌手六本木ヒロシ(39)=本名・原田大翁(ひろお)=が新曲「何があってもあきらめない」をリリースした。メジャーデビュー曲の「男道」以来5年ぶり。12日は唐津で発売記念キャンペーンを行う。

 曲は「一度や二度の 勝負に負けて 涙こぼすな じたばたするな」と歌う人生の応援歌。演歌節の出だしがサビで一転し、「あきらめない あきらめない」と音頭調に変わる。

 「クレイジーキャッツをイメージそうで、(演歌と音頭で)2度おいしい曲です」。コミカルな持ち味にふさわしく、地道な活動を続ける自身への応援歌でもあろう。日本クラウン移籍第1弾となり、「人生の峠みち」とのカップリングで1204円+税。

 地元キャンペーンは12日午後7時から中町のライブバー「ファンキー」で、ミニライブ、サイン会、CD発売を行う。入場は無料。電話0955(75)1020。

このエントリーをはてなブックマークに追加