佐賀県伊万里市議会は5日、総務委員会を開き、深浦弘信市長ら特別職の退職金を支給しないとする特例条例案について、容認する方針を固めた。18日開会予定の定例議会で採決する見通しで、可決の公算が大きい。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加