佐賀市の与賀神社にある国重要文化財「朱塗りの楼門」と「三の鳥居および石橋」の保存修理事業が始まる。国(文化庁)と県、市が計画、今月から耐震性などを調査し、2019年2月から修復工事に入る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加