幕末、明治期の煎茶にスポットを当てた講演会が3日、佐賀市の佐賀城本丸歴史館で開かれた。売茶流家元の高取友仙窟さん(名古屋市)が、煎茶の文化や道具の移り変わりなどについて解説した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加