バスケットボール女子決勝リーグ・佐賀北-清和 第3クオーター、攻め込む佐賀北の大島萌花(中央)=佐賀市の諸富文化体育館ハートフル

野口光大(佐賀商)

選手紹介・陸上男子100メートル障害・山下修聖(敬徳)

 第56回佐賀県高校総合体育大会第4日は4日、佐賀市の諸富文化体育館ハートフルなどで4競技が行われ、バスケットボールは男女とも佐賀北が頂点に立った。男子は3年連続21度目、女子は2年連続7度目の栄冠。

 陸上女子では「鹿島」の今村莉花が100メートル障害を14秒73で制し、400メートル、400メートル障害と合わせて2年連続の3冠を達成。1600メートルリレーは佐賀北が3分46秒50の大会新で制し、三段跳びの田中美空(龍谷)も11メートル66の大会新で頂点に立った。男子は池上翔(龍谷)が200メートルを21秒81で制し、100メートルと合わせて2冠を達成。男子1600メートルリレーは佐賀工が激戦を制した。学校対抗は男子が佐賀工、女子は清和が優勝した。

 テニス男子個人シングルスは菊池翼(早稲田佐賀)、女子は糸山菜緒(佐賀学園)が栄冠をつかんだ。

 最終日は5日、県総合運動場陸上競技場でサッカー男女の決勝がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加