サッカーの第98回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、佐賀新聞社、NHK共催)は6日、全国各地で2回戦32試合があり、J1サガン鳥栖は同日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで香川県代表の多度津FCと対戦する。昨年は3回戦で敗退しただけに、まずは好発進を切りたい。

 鳥栖は昨年、2回戦で島根県代表の松江シティに3-0で快勝したものの、3回戦はJ2松本に1-2で敗れた。

 多度津FCは所属の四国リーグで3勝1分け2敗(勝ち点10)で8チーム中4位。1回戦は東海大熊本をPK戦の末に破り、大会初勝利を挙げている。

 J1は5月20日の第15節終了後、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に伴う中断期間に入ったが、鳥栖は休養日を挟みながら精力的に練習を重ねている。約2週間半ぶりの公式戦となるが、力の差を見せつけたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加