佐賀県武雄市の浅井雅司副市長(37)が6月30日で退任する。文部科学省からの要請を受けて同省に復職する。

 浅井氏は2016年4月、文科省振興局基礎研究推進室室長補佐から武雄市副教育長に就任、17年4月から副市長を務めていた。子どもの貧困対策やICT教育推進などに尽力した。

 市は17年に8年ぶりの副市長2人体制を敷いた。7月以降について小松政市長は「1人体制でいきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加