佐賀市は市内の88歳と100歳以上の高齢者に支給してきた敬老祝い金を抑制する方向で見直す。「超高齢社会」で長寿者が増え、支給総額が膨らんでいた。関連条例の改正案を6月定例市議会に提出する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加