木製の引き戸を開けると縦長の板間が広がる。その板間の三方を小上がりの畳の間が囲む。奥に4畳、左右に8~9畳。畳の間の上部には個人の荷物を納める天袋、布団を収納する押し入れもある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加